スポンサーリンク

ウェブカメラのおすすめ!在宅勤務に最適な機種の選び方をご紹介

リモート・在宅ワーク

在宅勤務やオンライン飲み会などで、ZOOMやLINE、スカイプを使ってのウェブ会議やビデオ会議でウェブカメラの需要はうなぎのぼりです。

私もオンライン飲み会を仲間とたまにするのですが、パソコンについているカメラでは、少々物足りないという印象を受けます。

友人との飲み会だから映れば何でもいい程度ですが、ビジネスとなればもう少しクオリティを上げたいところ。

そもそも、デスクトップパソコンでウェブカメラがついていないよ!という方は、ウェブカメラが必要になってきます。

パソコン内臓のカメラ&マイクを使っている方も専用のウェブカメラを使うと高画質なオンライン通話を楽しむことができます。

スポンサーリンク

ウェブカメラの種類

ウェブカメラの種類は大きく分けて2つあります。

ディスプレイに挟むタイプと自立するスタンドタイプです。

ノートパソコンについているカメラはディスプレイの上部中央についていますので、そこにつけるというのがイメージしやすいですね。ディスプレイに挟むタイプはパソコンに向かっている一人、または会議テーブル全員が一つのディスプレイを見ているといった時に活躍します。一般的にはほとんどがこのタイプです。

その他にスタンドタイプのウェブカメラがあります。使い方は自立するので、ウェブカメラの置き場所をディスプレイに挟むタイプよりも自由に設定できるという点です。イメージ的には2台めのカメラとして、ビデオ通話の幅を広げるという点でも活躍しそうです。

個人の自宅でつかうのであれば、ディスプレイに挟むタイプのウェブカメラをおすすめします。

ウェブカメラを売れ筋商品の中から選ぶ

ウェブカメラが必要と言われて調べてみても、画素数がいくらとか、フレームレート(fps)の大きさとか、暗いところでも映りますという情報を比較するのが面倒くさいし、忙しくてやってられない、という方も多いと思います。

私もハマってしまったら、1週間くらい悩んでしまって、それでも購入するものを決められなかったりタイプです。

これでは時間がもったいないので、人気の商品を選んでエイヤッ!と購入してしまうのが簡単です。ハズレを引くことはほとんどありません。

これがなかなかいい方法です。悩む時間があったらその分違う仕事ができますからね。

あまりにも知識がないものの時には、よく売れている値段が最安値よりもちょっと高いくらいのものを買うことが多いです。

ウェブカメラ売れ筋ランキング

ウェブカメラをロジクールの商品から選ぶ

ロジクールの商品には秀逸なものが多いです。私も多くのアイテムにお世話になっています。

ロジクールのウェブカメラは、テレビ電話やオンライン会議に特化したウェブカメラが多数あります。コンパクトな作りで持ち運びにも便利。キーボードやマウスなどの周辺機器との相性も抜群です。

コンパクトでありながら、デュアルマイク搭載などさすがロジクールという商品があります。

ロジクールのウェブカメラ

ウェブカメラはコスパにこだわりたい

とりあえずウェブカメラを買って使ってみようと言うなら、コスパにこだわってみるのも一つの方法。別にユーチューバーを目指しているわけでもないし!という方は、バッファローのウェブカメラがおすすめ。

まず、コスパに優れたものを買って使ってみて、使っていくうちにこだわりたい点がでてきたら、違う商品にチャレンジしてみるというのも一つの方法です。

ウェブカメラ選びのまとめ

この記事を読んでくださっている方は、個人でウェブカメラを購入しようという方がほとんどだと思います。

複数人で参加するのと、個人で参加するのでは選ぶウェブカメラも変わって来ます。個人で購入するなら広角で映る必要なないです。

迷ったら、売れ筋を選ぶか、個人的なおすすめは、ロジクールの商品を購入しておくと間違いが少ないのではないかと考えます。

適切なウェブカメラを選んで、ウェブ会議・テレビ会議やオンライン飲み会を有意義なものにしましょう!

次の記事

Zoffのブルーライトカットレンズのメガネを使ってみた感想
スマホやパソコンで目は毎日疲労して悲鳴を上げています。目をいたわるためにもブルーライトカットのメガネをするなどの工夫をしたいところ。今回、Zoffのブルーライトカットレンズのメガネを購入。従来からの疲れ目対策と合わせてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました