スポンサーリンク

国営ひたち海浜公園ネモフィラ見学の混雑状況と駐車場などの状況

ひたち海浜公園 お出かけ

2019年5月6日にネモフィラを見にひたち海浜公園に行ってきました。
その時の様子をまとめます。

5月の連休の終わりに思い立って行きました。数年前から気になっていた公園でやっとタイミングが合い行くことができました。

思い立ったのが急だったので、ベストな時期が過ぎてしまったようです。でも結構楽しめましたよ。

もうちょっと早く行くと、満開だったようです。

スポンサーリンク

駐車場の混雑状況

結論から言えば、公園の目の前の特設駐車場に入ることができて、とてもラッキーでした。並ぶことなくノータイムで入ることができました。朝早く行ったのが良かったのかもしれません。

事前に全く調べていかなかったので、どこに駐車場があるかわからない状況でした。ナビに導かれて近づいていくと特設駐車場が見えたのでそこに駐車しました。
駐車料金は500円でした。

入場してから、他の駐車場の状況も見ることができたのですが、そんなに混雑していませんでした。この日はもともと混雑のピークが過ぎていたのかもしれません。

ネモフィラ・菜の花・チューリップのお花畑

ひたち海浜公園は春はネモフィラ、秋はコキアが有名ですが、その他の花もたくさん咲いています。知らなかったので行ってびっくりしました。

チューリップ

駐車場から歩いていくとチューリップがきれいに咲いていました。ネモフィラの花畑に到着するまで少し歩きます。

ひたち海浜公園

とてもきれいに色分けして割いています。これ大変でしょうね。毎年メンテしないとこんなにくっきりと色分けできないでしょうね。

実際に自宅のチューリップは、放ったらかしにしているので、色は混ざるは密集してしまいひどいことになっています。この公園の手入れの行き届き度には感心します。

東京の昭和記念公園のチューリップも見事です。未だに目に焼き付いていますが、その光景を思い出しました。

菜の花

次に遭遇したのが、菜の花畑です。

ひたち海浜公園

見事に真っ黄色。
とても見事な光景です。

でも。。。見るよりも。菜の花のおひたしを思い出してしまい。とても美味しそうに見えました。

そうだ、おひたしよりも辛子じょうゆでいただくのがとても好きです。どっちにしても菜の花を見てお腹がすきました。

ネモフィラ

菜の花畑の向こうに、今回の目的、お目当てのネモフィラが見えます。

ひたち海浜公園

ネモフィラのお花畑は、お山といいますか、丘になっており北海道の美瑛の丘を思い出してしまいました。

黄色の向こうにブルーの丘はなんともきれいでした。写真が少々暗く移っているのが残念です。

ひたち海浜公園

花畑の中の小路を歩いて、丘の頂上を自然と目指します。
頂上が本日の目的地。

いい写真がありませんでした。
海が見えてとても見晴らしがいいです。
しっかりと目に焼き付けました。

ネモフィラとコキアの見頃

ひたち海浜公園の人気の理由の一つに植物がとてもキレイだと言うことがあげられます。季節によって、スイセンやチューリップなどたくさんの花が咲いていますが、代表的なのはやはり、ネモフィラとコキアです。ネモフィラは4月の下旬から5月の上旬が見頃になります。この花を一面に見ると幻想的な感じが致します。ネモフィラが咲くのはみはらしの丘です。

コキアは10月上旬から10月中旬が見頃となります。コキアは和名をホウキグサと言って、昔はこのコキアの茎を乾燥させてほうきを作っていました。また、コキアになる実はとんぶりで畑のキャビアと言われています。ひたち海浜公園に植えられているコキアは観賞用の品種だそうです。この頃のコキアは真っ赤な色をしています。紅葉しているのです。普段はグリーンです。紅葉時期にグリーンから赤に変わっていくところも見どころの一つです。

コキアは自分のスケジュールと台風などの天候との関係で見ることができていません。ぜひ行ってみようと思っています。

アクセス

自動車

東京・宇都宮方面からは、北関東自動車道~常陸那珂有料道路は、ひたち海浜公園ICすぐです。
常磐自動車道からは、
・日立南太田ICより約15km・・・国道6号→県道31号→ひたち海浜公園
・東海スマートICより約13km・・・県道62号→国道6号→県道31号→ひたち海浜公園

電車

勝田駅から電車・バスに乗り継いで公園へ向かいます
JR常磐線・勝田駅
下り線:品川駅より勝田駅まで特急で約85分
上り線:いわき駅より勝田駅まで特急で約60分
勝田駅からバスまたは電車でひたち海浜公園へ向かいます。
JR勝田駅東口の 茨城交通バス:2番乗り場から海浜公園西口、または南口下車で約17分〜23分で到着となります。

ひたち海浜公園混雑

ひたち海浜公園はとても広い公演ですが、イベント時などは大変混雑します。公式ホームページには詳しい迂回路や周辺の道路状況が案内されていますので、よく見て混雑を避けて公演に行くようにしたいです。また、混雑予想カレンダーがありますので、それをみて家を出る時間などを考えるようにしたいです。

入園料金

年齢 一般(団体) 2日通し券(団体)
大人
(高校生以上)
450円(290円) 500円(350円)
シルバー
(65歳以上)
210円(210円) 250円(250円)

基本的な入園料金は、上表のとおりです。
この他にも、季節料金や無料で入園できる日、また障がい者入園無料、年間パスポートなど多彩な料金設定となっているため、正確な料金の確認は公式サイトを確認するのがベターです。

国営ひたち海浜公園へ行っての感想

ネモフィラを見るだけの予定が、半日この公園にいました。とても広く半日があっという間に過ぎてしまいました。ここにははじめてで、リサーチもさほどしていなかったのですが、今度来るときはもっと楽しめそうです。
今度は違うシーズンに是非訪れてみたいです。

タイトルとURLをコピーしました