ホットクックの口コミ!KN-HW24FとKN-HW16Fの違いは?2020年モデルの特徴

ホットクックの口コミ!KN-HW24FとKN-HW16Fの違いは?2020年モデルの特徴 家電

シャープのヘルシオ ホットクックの新製品の2020年新モデルが発表されました。

新モデルのAIoT対応の水なし自動調理器は、KN-HW24FとKN-HW16F。

今年の新モデルは、自動メニューを増やすことができたり、内鍋がこびりつきにくいフッ素コート加工になったりと、ユーザーの「こうなったらいいなぁ」という点を盛り込んでくれています。

スポンサーリンク

ホットクックKN-HW24FとKN-HW16Fの口コミ

ホットクックの口コミをまとめてみました。

KN-HW24F-W

ホットクックKN-HW24FとKN-HW16Fの違い

ホットクックKN-HW24FとKN-HW16Fの違いは、大きさのみです。

容量が違います。

  • KN-HW24F:容量2.4L
  • KN-HW24F:容量1.6L

2.4Lタイプは、2~6人用。
2人家族でも、少し多めに作りたいとか、いつも2人だけどたまに親戚の分のご飯も作るというような方は、大きめのホットクックにしたほうが、いいのではないでしょうか?

1.6Lタイプは、2~4人用。
4人家族で、お客さんなんてほとんどこないし、多めにも作らないよーという方はジャストサイズです。
ざっくりですが、一般的な炊飯器と同じくらいの大きさです。

 

2.4Lの方は1.6Lの2周りくらい大きいです。
キッチンに出しておいてもかなり存在感があります。
大きさを考慮して1.6Lと2.4Lのどちらにするか検討しても良いと思います。

ホットクックKN-HW24FとKN-HW16Fのメリットとデメリット

ホットクックKN-HW24FとKN-HW16Fのメリット

  • 仕込んでおけば放ったらかしで調理完了!キャンプで言うならダッチオーブン的な存在。
  • 内鍋がフッ素コート加工になって扱いらくらく
  • 蒸しトレイの形状が変わり使いやすくなった
  • 低温調理が簡単にできるようになった
  • 新しいレシピをどんどん増やすことができる
  • スマホと連携させて、外出先から出来上がり時間の変更ができたりする

ホットクックKN-HW24FとKN-HW16Fのデメリット

デメリットは特に見当たりませんでした。

一番やってはいけないことは、買ったのに使わないこと!

こうなってしまっては、同しようもありません。

決して安くない買い物なので、慎重に検討して購入して下さい。

関連記事

ホットクックを安く買う方法!使い方次第で最適なものをゲットする
シャープ ヘルシオ ホットクックは、材料を入れてセットしておくと、自動で料理ができてしまうというスグレモノ。 料理している暇がなんてないから、時間を買うつもりで手に入れたい!という方が増えてきています。 ここでやっぱり気になるの...
ホットクックKN-HW24F・KN-HW16Fの2020年新型と、2019年型KN-HW2・KN-HW16Fの違いを調査
シャープは水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」の新モデルKN-HW24F・KN-HW16Fを2020年9月に発表します。 現行機種KN-HW2・KN-HW16Fの問題点を解決しているのか? 色展開や大きさ、値段などが変わる...

まとめ

自動メニューを増やすことができたり、内鍋がこびりつきにくいフッ素コート加工になった.

ユーザーレシピ12個追加され、低温調理推奨モデル。

大きさは慎重に選ぼう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント