マスクケースは使いかけマスクの収納に便利!抗菌素材で持ち運びにも!

生活

マスクをして外出するのが当たり前の日常になりました。

朝家を出てから帰宅するまでずっとマスクをしっぱなしということはほとんどないと思います。
 

お茶を飲む程度でしたら片耳を外してさっと飲んだりというぐらいで済ますことができますが、食事を食べるとなると顔から完全に外すことになります。

さて、今までしてたマスクをどこにどう置きましょうか?

レストランに行って、テーブルの上にそのままマスクを乗せてしまうというのは衛生的にどうかと思います。

これはマスクが汚くなるという意味ではなく、マスクに触れたテーブルが汚くなってしまうという意味です。

このマスクをどうするかということについて今日は考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

マスクをポケットにしまっている

一度外したマスクをもうしないという人もいるかもしれません。

衛生的にはそれが一番いいのはわかっています。

でもそうするには1日のマスクの消費量が半端ないことになります。

 

実際的にポケットに入れてしまうという人も多いのではないでしょうか?

これは手軽で一見良さそうですけども、もしマスクに感染してはならない菌がついていたとしたら、ポケットにその菌がついてしまうことになります

ポケットに菌がついてしまうと、菌の感染源が一つ増えることになるので、感染確率が高くなってしまいます。

 

ポケットにマスクをしまうというのは手軽でいいですけど感染について考えるとこれは NG の行為です。

マスクをマスクケースに入れるという選択肢

マスクケースとはその名の通り、マスクを入れるためのケースのことです。

マスクケースは以前から存在していましたが、新型コロナウイルスが猛威を発揮してから脚光を浴びています。
 

マスクケースがあると、今まで着用してた食事の時にさっとマスクをマスクケースにしまうことができます。

マスクケースを使うなら抗菌のものがいい!

マスクケースを使う理由は二つあります。

  • 一つは未使用のマスクを予備として持ち運ぶため。
  • もう一つは使用済みのマスクを一時保存するためのもの。

どちらにしても抗菌素材でできている方が安心できます。

マスクケースは携帯しやすいものを選ぶ


マスクケースは主に携帯して使うものですから、できれば小さければ小さいほど望ましいです。

せっかく購入しても、大きくて洋服のポケットや持っているバッグに入らなかったりすると使わなくなってしまう可能性もあります。

男性がランチに行くときは、カバンなど持っていかないでしょうし、そういう場合はポケットにすっと入るマスクケースが望まれるのではないでしょうか?

女性が持ち歩く場合も小さければ小さいほど望ましいです。というのも、女性はあまり大きなバッグを持ち歩きません。

小さいバッグを持っている方がおしゃれです。

どんなマスクケースがあるか見てみよう!
↓ ↓ ↓ 

マスクケースを手作りする

手先が器用な人は、マスクケースを自分で作るでしょう。

形もばっちり可愛いものを作り、持ち歩くのも楽しくなってしまいます。

気をつけたいのは、マスクケースは抗菌機能がついているのが望ましいと思うのです。

 

抗菌の素材がうまく手に入れば手作りでも全く問題ないのです。

抗菌でない材料で全然気にしないよーという人は全く問題ありません。

でも金が気になるので抗菌のマスクケースの欲しいという方は市販のマスクケースを買うのがマスクケースをゲットする手っ取り早い方法になります。

ネットでも抗菌で可愛くなったケースがたくさんありますので見てみてはいかがでしょう。

形や素材色など様々なものがあります。

関連記事

マスクケースは手作りで超簡単!クリアファイルがあればすぐできる
マスクケースがほしい時ってあります。 ランチの時がまさにそのときです。 食事の時、同じテーブルに今までつけていたマスクを置くのはちょっと気が引けます。 ポケットに入れるのも、なんだかピンときません。菌がついていたと思うと不...

マスクケースは使いかけマスクの収納に便利!抗菌素材で持ち運びにも!のまとめ

マスクを毎日にすることになったり、最近は生活がだいぶ変わってきてしまいました。

予備のマスクを持ち歩いたりを持ち歩いたり、使用中のマスクを一時保管する場合には、マスクケースがあるととても便利だということがわかりました。

マスクケースは抗菌のものが望ましいです。

値段もそんなに高くないのでネットでサクッと買うのもいいのかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました