スポンサーリンク

夏のマスクは涼しい素材で熱中症対策!ネット販売はある?手作りの生地まとめ

生活

今年も熱くなってきました。

ころなの影響で外出時にはマスクが必須なので、例年よりも体感的に暑く感じませんか?

なんと言ってもこれからが夏本番!ますます気温とおまけに湿度も上がってきて不快感がどんどん上がっていきます。

ただでさえも夏は暑くてバテバテなのに、マスク着用の夏となること必死ですが、快適に夏を過ごしていきたいものです。

これまでの時期は、マスクをしていて温かいというメリットがあったのですが、これからは、マスクをしていてもいかに涼しく過ごせるか?ということが重要になってきます。

夏にマスクをしても快適に過ごせるような対策や冷感素材のマスクは販売しているの?手作りで涼しいマスクを作りたいけどどんなものがあるのか?ということについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

夏のマスクは息苦しくて暑い!あせもができるのではないかという不安も

気温が上がってきて、不織布マスクの限界を感じてきている人が多数います。

私もその一人かも。

SNSでは様々な声が上がっています。

涼しく感じる?冷感素材のマスクを試してみた人の感想

「冷感マスク」は暑さ対策だけではなく、UVカットまでしてくれる優れもの。

ネットでは様々なタイプが発売されていますね。

これから、ドドドッと発売されそうな勢いですが、売り切れでなかなか手に入らないという可能性もあります。

私は、数点注文済みです。

こちらの記事で紹介しています。
冷感マスクの手作りにおすすめの生地は?UVカットや冷感素材のマスクで熱中症対策!

このマスクに限りませんが、冷感マスクは繰り返し洗って使えるものが多くて便利。

洗い方などの取り扱いにも左右されますが、一回あたりの使用コスパは結構優れています。

涼しいマスク作成の冷感素材

マスクが手に入らないという時期が続いて、「マスクは買うものではなく自分で作るもの」という考えになってしまったという方もい良いのではないでしょうか?

マスクの材料になる冷感素材をご紹介します。

涼しく感じられるマスクの機能としては・・・

  • 通気性が良い
  • 吸水性がある
  • ひんやり感
  • 速乾性
  • 洗える
  • 耐久性

このような点が備わっていてほしいです。

これをふまえて今回ご紹介したい記事はこれ!

  • ガーゼ
  • 麻(リネン)
  • アイスコットン

それでは、特徴をご紹介しますね。

ガーゼ

通気性と吸水に優れているのがガーゼ生地。

汗を吸収してもベトベトせず熱がこもりにくく蒸れにくいです。

これは、織りが粗めで抜群の吸水性を発揮します。

ガーゼは一枚だと薄すぎるので、マスクを作る時はダブルガーゼが主流です。


マスクの作り方がついた生地のセット。

柄のラインナップも多いので楽しく手作りマスクを作るのを後押ししてくれます。

麻(リネン)

麻のマスクも評判がいいようです。

生地はこちらから入手できます。

麻で作られたマスク

アイスコットン

アイスコットンは、生地自体が冷たいわけではなく、
肌に触れることで肌から熱を奪ってくれるので、ひんやり感じる素材。

アイスコットンで作った製品はこちら

マスクはゴミ箱に捨てましょう!

暑くてもマスクのポイ捨てはいただけません。
やってはいけないマナー違反です!

ゴミに出す際もゴミ収集の人に迷惑がかからないように、しっかりとゴミ袋に入れてから出したい。

まとめ

ここまで、涼しいマスクを手作りする際の生地を色々見てきました。

また、手作りはハードルが高い&手っ取り早く購入できるようにリンクもつけました。

多くの人が経験したことがない、暑い時期のマスク生活となりますが、涼しいマスクなど工夫をして楽しく乗り切りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

こちらもおすすめ!

ユニクロのエアリズムの生地で手作りしたマスクは涼しいの?口コミや感想!
夏のマスクは涼しさが重要!ただでさえ暑い夏に、その上マスクをするなんて考えただけでも熱中症になりそうです。暑さ対策といえばユニクロのエアリズムです。触れると冷たく感じるし、汗も吸収してくれてその上での速乾。いち早くエアリズム商品を使ってマスクを作った人の感想など。
タイトルとURLをコピーしました