スポンサーリンク

冷感マスクの手作りにおすすめの生地は?UVカットや冷感素材のマスクで熱中症対策!

生活

暖かくなって過ごしやすい日が続いていますが だんだんと暑い日も多くなってくるようになり、部屋の中にいると 日中はエアコンがないと過ごすのも厳しくなってきました。

暑くなってきたと言っても外出する時には コロナ対策で マスクをしなくてはいけません。正直言って、マスクをするのはかなりきついです。

涼しく感じるマスクがあれば 暑い夏を過ごすのも楽ですね。 少しでも快適に暑い夏を過ごせるように、手作りで涼しいマスクを作れるような生地やUVカットの生地、それとマスクを作るのに必要な 型紙などについてご紹介します。

スポンサーリンク

冷感マスクの手作りにおすすめの生地はどんな生地?

手作りのマスクを作るのには、たいていガーゼの生地を使います。二重になっているガーゼの生地です。

そのガーゼの生地を2枚重ねにして大抵マスクは作ります。でも、それでは夏には暑いのです。 暑い夏にかなり身体に負担をかけてしまうことになります。

夏に使うマスクとしては、涼しいと感じる冷感マスクは、どんな生地で作ったらいいかというのは気になるところです。

残念ながら、冷感素材の生地というのはほとんど見かけません。これでは手作りで冷感素材のマスクを作るには難しいです。どこで生地を探せばいいんでしょう。

生地を探すのが難しいんであれば、冷感素材で作られている T シャツや肌着なのでマスクを作るというのがお勧めの方法になってきます。

生地ではなく T シャツなどの製品を買って それを着ないでいきなりマスクを作るということに抵抗を感じるという方もいるかもしれません。しかし、そういう生地はソフトなストレッチ素材で出来ていて涼しく感じ、さらに UV カットで紫外線対策もバッチリなので これ以上の素材はないほどです。

Tシャツなどの製品を選ぶポイントとしては、同じ値段で生地が多く取れるメンズサイズの長袖で、しかもサイズは一番大きいサイズを選ぶようにするとお得です。

マスクの型紙や形でおすすめのもの

手作りマスクを作るには、どんな形で作るか道標となる型紙が必要です。マスクの種類も立体的なマスクや平らなマスク、クリップを使ったマスクやストレッチ素材を使ったマスクなどがあります。

どのマスクを作るかは使う人の好みによりますよね。 マスクは好みで使い捨てマスクと同じような構造が一番だという人もいれば、立体マスクで口先が尖っているものは、くちばしみたいなので嫌だという人もいます。

自分の気に入った形を見つけてマスクを作れるのが手作りのいいところです。

マスクの型紙を色々見つけたのでご紹介します お気に入りの 型紙が見つかれば幸いです

通販で買うことができる冷感マスクはどんなの?

今までは涼しくて快適な冷涼マスクの手作りについてお話ししてきましたが、冷感マスクはネット通販でも買うことができます。

手作りマスクは洋裁が身近な人は簡単に作ることができるでしょうけど、普段洋裁と全く縁のない人にとって、手作りでマスクを作ることは、なかなか手を出せるものではありません。

通販で買ってしまうのは手作りの楽しみを得ることができない反面、手軽に手に入れることができるというメリットがあります。

それでは人気の商品をご紹介していきましょう


プレミアムエブリデイ マスク – Debrief Me (デブリーフ ミー) 防汚溶解プロピレンと冷感コットンによる3層の保護 – 洗えて再利用可能、快適で折りたたみ式の軽量な防塵マスク (2パック入り)

安心の日本製
細部まで丁寧に作っているのがわかります。

メガネをかけている人はノーズワイヤー入りは嬉しい。

冷感マスクについてのまとめ

冷感素材の生地を探すのは困難なので、冷感素材で作られている T シャツや肌着を材料がおすすめ。

手作りマスクをどう作ろうか迷っているなら型紙がある。

ネットで出来上がっている冷感マスクが販売されているのでつくるのが面倒だった場合は買うとてっとり早い。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

やっぱりこれが涼しいかな

ユニクロのエアリズムの生地で手作りしたマスクは涼しいの?口コミや感想!
夏のマスクは涼しさが重要!ただでさえ暑い夏に、その上マスクをするなんて考えただけでも熱中症になりそうです。暑さ対策といえばユニクロのエアリズムです。触れると冷たく感じるし、汗も吸収してくれてその上での速乾。いち早くエアリズム商品を使ってマスクを作った人の感想など。
タイトルとURLをコピーしました