竹内結子さん出演の映画まとめ「いま、会いにゆきます」など多数出演!

竹内結子さん出演の映画まとめ「いま、会いにゆきます」など多数出演! 話題

竹内結子さんが出演している映画をまとめてみました。

竹内結子さんは、芸能生活20年以上にもなりますので出演作もかなりの数です。

代表的なものだけになるかもしれませんが、作品を振り返っていきます。

スポンサーリンク

星に願いを。

『星に願いを。』は、2003年の日本映画。2003年4月12日にシャンテシネ他ミニシアターで公開された。

竹内結子さんは、青島奏役。

主な出演者
青島奏:竹内結子
天見笙吾:吉沢悠
葉月優:高橋和也
石川里美:中村麻美
看護師長・小口:梅沢昌代

あらすじ

看護師の女性・奏(かな)は、事故で視力と発声能力を失った男性・笙吾(しょうご)の看護をする。二人は互いに惹かれていくが、笙吾は突然交通事故に遭い死んでしまう。しかし笙吾は五体満足の別の人間として生き返るのだった。残された時間はあと3日。笙吾は、奏に“ある想い”を伝えるために奮闘する。
出典:https://ja.wikipedia.org

黄泉がえり

『黄泉がえり』(よみがえり)は、1999年に発表された梶尾真治さんの小説、2003年に映画化されました。

竹内結子さんは、橘葵役。本作のヒロイン。

主な出演者
草彅剛
竹内結子
伊勢谷友介
伊東美咲
石田ゆり子
哀川翔
山本圭壱
市原隼人
長澤まさみ
柴咲コウ
北林谷栄
田中邦衛

あらすじ

タイトルは、死んだ人が黄泉(よみ)から帰って来るという意味。熊本市およびその周辺で突如発生する、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに、人々の絡み合いを描く物語である。小説は『熊本日日新聞』土曜夕刊に、1999年4月10日から2000年4月1日まで連載された。作者が熊本出身・熊本在住だということもあり、作品中には熊本市内の実在の地名が数多く登場する。新聞連載時にはSF色を排除した構成になっているが、これは一般夕刊紙であることを意識したものと考えられている。
出典:https://ja.wikipedia.org

 

竹内結子さんが出演したドラマの一覧

竹内結子さん出演のドラマ一覧とあらすじ!ランチの女王が印象的!
竹内結子さん出演の主なドラマの一覧、出演者、作品のあらすじをまとめてみました! 竹内結子さんは、原宿でスカウトされて、1995年(平成7年)にデビューしてから、数々のテレビドラマや映画に出演されてきました。 今回は、竹内結子さん...

いま、会いにゆきます

『いま、会いにゆきます』(いま、あいにゆきます)は、市川拓司によるベストセラーのファンタジー恋愛小説。2003年に小学館より刊行された。通称『いまあい』。

竹内結子さんは、秋穂澪 役

この作品で、中村獅童さんと共演しています。

主な出演者
秋穂澪 – 竹内結子
秋穂巧 – 中村獅童
秋穂佑司 – 武井証
高校生の巧 – 浅利陽介
高校生の澪 – 大塚ちひろ
18歳の佑司 – 平岡祐太
アヤ(佑司の同級生) – 美山加恋
澪の大学の友人 – 田中圭
永瀬みどり – 市川実日子
浜中晶子(佑司の教師) – YOU
ケーキ屋店主 – 松尾スズキ
野口医師 – 小日向文世
司法書士事務所所長 – 中村嘉葎雄

あらすじ

ある町に住む秋穂巧は、1年前に最愛の妻である澪を亡くし、1人息子の佑司と慎ましく過ごしていた。2人は生前澪が残した、「1年たったら、雨の季節に又戻ってくるから」という言葉が気になっていた。それから1年後、雨の季節に2人の前に死んだはずの澪が現れる。2人は喜ぶが、澪は過去の記憶を全て失っていた。
そこから3人の共同生活が始まる。
出典:https://ja.wikipedia.org

天国の本屋〜恋火

『天国の本屋〜恋火』(てんごくのほんや〜こいび)は、2004年の日本映画。

竹内結子さんは、長瀬香夏子と桧山翔子の二役

主な出演者
竹内結子:長瀬香夏子と桧山翔子の二役
玉山鉄二:町山健太
香里奈:由衣(天国の本屋・店員)
新井浩文:サトシ(天国の本屋・店員)
原田芳雄:ヤマキ(天国の本屋・店長)
香川照之:瀧本(翔子の恋人、花火師)
大倉孝二:マル
斉藤陽一郎:千太郎
吉田日出子:ヨネ
桜井センリ:太助

あらすじ

舞台は天国。アロハシャツを着た怪しげな男・ヤマキが店長を務める「天国の本屋」で、ひょんなことから短期アルバイトをすることになったピアニストの健太は、憧れのピアニスト・翔子と出会う。 しかし、翔子は生前の事故が原因で片耳の聴覚を失い、失意でピアノが弾けなくなっていた。翔子は、健太の協力を得て断念していた恋人の花火をモチーフにしたピアノ組曲の10曲目『永遠』を完成させようと試みる。

一方、地上では、翔子の姪・香夏子が長らく中止となっている地元の花火大会を復活させるべく奮闘中。暴発事故で翔子の聴覚を奪った責任を感じ、花火師を辞めてしまった翔子の恋人・瀧本に伝説の「恋する花火」を打ち上げるよう説得する香夏子。

天国で組曲を完成させ、地上から伝説の花火が打ち上げられたとき奇跡が起きる……。
出典:https://ja.wikipedia.org

春の雪

『春の雪』(はるのゆき)は、2005年(平成17年)10月29日に全国東宝洋画系にて公開された日本映画

竹内結子さんは、綾倉 聡子(あやくら さとこ)役

主な出演者
松枝 清顕 – 妻夫木聡
幼少の清顕 – 小堀陽貴
綾倉 聡子 – 竹内結子
幼少の聡子 – 志田未来
本多 繁邦 – 高岡蒼佑
洞院宮治典王殿下 – 及川光博
松枝 侯爵 – 榎木孝明
松枝 侯爵夫人 – 真野響子
綾倉 伯爵- 石丸謙二郎
綾倉 伯爵夫人- 宮崎美子

あらすじ

時代は大正初期、まだ日本に華族や爵位の残る時代。

幼馴染の侯爵家の一人息子・松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の一人娘・綾倉聡子(竹内結子)は、実は両思いながらも上手く愛情を表現出来ずにいた。そんな中、聡子は宮家の子息・洞院宮治典王(及川光博)に求婚される。それは断ることなど許されないものであった。聡子は手紙を出し、清顕の気持ちを何度も確かめようとするが、不器用な愛情表現しかできない清顕はそれを読まずに突き放す態度をとってしまう。失望した聡子は洞院宮治典王との縁談を受け入れる決意をする。

もはや聡子が自分のものにはならないと知った清顕はようやく聡子への深い愛に気づくが、それは皮肉にも聡子の結婚に勅許が下りた後であった。しかし清顕は諦めきれず、聡子の愛を取り戻したいとひたすら願う。清顕への愛を諦めていた聡子も彼との密会を受け入れ、二人は激しく愛し合う。しかしそれはつかの間の禁断の愛であった。やがて聡子は妊娠するが、お互いの両親に二人の秘密が知れ、聡子の中絶は隠密に処理された。聡子の苦しみは深く、奈良の門跡寺院で出家する。

出家した聡子に一目会おうと清顕は、春の雪の降る中、寺に行くが門前払いで会えない。なおも清顕は聡子との面会を希望するが、聡子はそれを拒絶する。そして、雪中で待ち続けたことが原因で、清顕は20歳の若さで亡くなる。清顕が見ていた夢の中の蝶が滝の下で二羽飛んでいく。
出典:https://ja.wikipedia.org

サイドカーに犬

『サイドカーに犬』(サイドカーにいぬ)は長嶋有の短篇小説。及び、同作を原作とした2007年6月に公開された日本映画。

竹内結子さんは、ヒロインのヨーコ役

主な出演者
ヨーコ – 竹内結子
近藤薫 – 松本花奈、ミムラ(20年後)
近藤透 – 谷山毅、川村陽介(20年後)
近藤良子 – 鈴木砂羽
浜口 – トミーズ雅
渡辺寿男 – 山本浩司
釣堀屋主人 – 寺田農
マンションの下見に来る客 – 松永京子、伊勢谷友介
増田治五郎 – 温水洋一
増田トメノ – 樹木希林
吉村 – 椎名桔平
近藤誠 – 古田新太

あらすじ

1980年代の夏。キャリアウーマンとして精力的に不動産会社で働く薫は、父と暮らしていた弟に自分の結婚式に出てくれと頼まれる。ふと、憧れの女性、ヨーコを思い出す。20年ほど前、家出していった母と入れ違いのように家にやって来たヨーコは、ドロップハンドルの自転車を駆り、タバコをふかす、母とは正反対の豪快な女性だった。彼女は薫のために食事を作り、コカ・コーラの味や流行りの音楽を教えてくれた。犬を見て、犬がいいのか飼い主がいいのかという不思議な問いをしてくる。そして、互いに尊敬しあう友情の存在も…。だが、父との諍いのすえ家にいられなくなったヨーコは、最後の夏休みにつきあってくれ、と薫を誘うのだった。
出典:https://ja.wikipedia.org

ショコラの見た世界

『ショコラの見た世界』(ショコラのみたせかい)は、2007年公開の日本映画。

竹内結子さんは、ショコラ〈初子〉役

主な出演者
竹内結子(ショコラ〈初子〉)
大塚ちひろ(テンコ〈典子〉)
和田聰宏(ジダン〈治男〉)
藤本七海(テンコの小学生時代)

あらすじ

上映時間50分のショートムービー。ティ・ジョイ、ショウゲートの配給。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の携帯電話端末SO903iのテレビCMの完全長編版として劇場公開されたファンタジードラマである。2007年4月5日に新宿バルト9にてプレミアム試写会が行われたが、公開は半年後の同年10月13日、同所で行われた。同年11月9日には、山形国際ムービーフェスティバルの招待作品として上映された。また2008年3月21日にDVD発売も決定している。
出典:https://ja.wikipedia.org

created by Rinker
ジェネオン ユニバーサル エンターテ

クローズド・ノート

『クローズド・ノート』は、雫井脩介による日本の小説。

竹内結子さんは、真野伊吹役

主な出演者
堀井香恵 – 沢尻エリカ
石飛リュウ – 伊勢谷友介
夏目涼 – 黄川田将也
池内ハナ – サエコ
水原君代 – 山口愛
鹿島 – 田中哲司
山崎星美 – 板谷由夏
君代の母 – 粟田麗
中沢正道 – 石橋蓮司
瀬川先生 – 篠井英介
喜一郎所長 – 中村嘉葎雄
可奈子先輩 – 永作博美
真野伊吹 – 竹内結子

あらすじ

小学校の教員を目指す女子大生の香恵は、新居に引っ越しをする。そこには、以前そこに住んでいた住人の忘れものと思われる一冊のノートがあった。ノートには、伊吹という教師の、日々の生徒との交流や、思いを寄せる隆(たかし)という男性との交流のことが綴られていた。

香恵は、アルバイト先である万年筆屋で、ある日、石飛リュウというイラストレーターに出会う。そして徐々に心惹かれていくようになる。

香恵は、ノートの中に出てくる伊吹とその彼氏である隆のことを想像し、勇気をもらいながら、同時に、リュウへの思いをさらに膨らませていく。ある日、リュウのアパートを訪ねた香恵は、リュウのマネージャーの山崎と出会う。やがて、山崎からリュウは今も一人の女性を愛し続けていると告げられる。そのとき、隆とリュウが実は同じ人物だったことを知ることになり、衝撃を受ける。リュウは、傷ついた香恵を訪ね、個展に来てほしいと誘う。香恵は思いを打ち明けるが、リュウは立ち去る。香恵は、ノートを伊吹に返しにいくことを決心し、小学校を訪ねるが、そこで伊吹が交通事故で既に他界していることを知る。 ノートの最後の一ページは破られていたが、その最後のページを、小学校で、伊吹のかつての教え子から受け取った香恵は、リュウの個展を訪れる。そのページには、隆への素直な思いが綴られていた。個展の会場で、その言葉を伊吹のことが忘れることができずにいるリュウの前で読み上げる。香恵は再び小学校を訪れる。香恵を迎えた小学校の教え子たちはいっせいに紙飛行機を飛ばす。振り返ると、その後ろには、ふっきれたリュウも来ていた。
出典:https://ja.wikipedia.org

ミッドナイト・イーグル

高嶋哲夫著の小説を元に2007年11月23日に公開されたアクションサスペンス山岳映画。

竹内結子さんは、有沢慶子(週刊「WISE」記者)役

主な出演者
西崎優二(戦場カメラマン):大沢たかお
有沢慶子(週刊「WISE」記者):竹内結子
落合信一郎(東洋新聞記者):玉木宏
佐伯昭彦(自衛隊三等陸佐):吉田栄作
冬木利光(内閣危機管理監):袴田吉彦
朝倉(西崎との無線交信相手の青年):濱田岳
斉藤健介(自衛隊三等陸佐):大森南朋
宮田忠夫(週刊「WISE」編集長):石黒賢
渡良瀬隆文(内閣総理大臣):藤竜也

あらすじ

元戦場カメラマンの西崎優二。数多くの戦争写真を撮り続けていた彼は、取材中に起きたある出来事によって報道写真では何も変えることができないという無力感にさいなまれ、一線を去ることになってしまう。日本へ帰国後は妻子をかえりみず、報道カメラマンとしての意欲をも失せてしまい、病魔に冒されて余命いくばくかもない妻を看病することなく、1人山にこもって山岳写真や夜景写真を撮り過ごしていた・・・・・・
出典:https://ja.wikipedia.org

チーム・バチスタの栄光

『チーム・バチスタの栄光』(チーム・バチスタのえいこう)は、2006年(平成18年)に宝島社から刊行された海堂尊の長編小説。

東宝邦画系にて、2008年2月9日公開。2007年10月7日にクランクイン、11月17日クランクアップした。映画化にあたり、主人公・田口公平が女性・田口公子に変更され年齢も引き下げられた。

竹内結子さんは、田口公子役。

主な出演者
田口公子 – 竹内結子
白鳥圭輔 – 阿部寛
桐生恭一 – 吉川晃司
鳴海涼 – 池内博之
酒井利樹 – 玉山鉄二
大友直美 – 井川遥
羽場貴之 – 田口浩正
氷室貢一朗 – 田中直樹(ココリコ)
垣谷雄次 – 佐野史郎
藤原真琴 – 野際陽子
黒崎誠一郎 – 平泉成
高階権太 – 國村隼

あらすじ

桜宮市の東城大学医学部付属病院は、フロリダのサザンクロス心臓疾患専門病院から心臓外科の権威、桐生恭一を招聘し、心臓移植の代替医療であるバチスタ手術を専門に行うチーム、「チーム・バチスタ」を結成、「チーム・バチスタの奇跡」と呼ばれる程の驚異の成功を収めていた。

しかし、成功率100%だったチーム・バチスタが、3例立て続けに謎の術中死に遭遇する。少年ゲリラ兵へのバチスタ手術により世間の注目を集める中、疑念を解明するため、病院長・高階は神経内科学教室の万年講師で、「不定愁訴外来(別名・愚痴外来)」の責任者・田口に内部調査を命じる。

だがチーム・バチスタの調査が難航した時、外部からの調査者、厚生労働省の役人「ロジカル・モンスター」白鳥がやってくる。
出典:https://ja.wikipedia.org/

なくもんか

『なくもんか』は、2009年11月14日に公開された日本映画である。

竹内結子さんは、徹子役

主な出演者
阿部サダヲ
竹内結子
瑛太

あらすじ

東京の下町、「善人通り商店街」にある「デリカの山ちゃん」は毎日行列のできる超人気惣菜店。その店を切り盛りする「二代目山ちゃん」こと祐太(阿部)は「究極の八方美人」とよばれるほどの働き者で親切な男。商店街の住人たちは何か困ったことがあれば祐太に頼み、祐太もいやな顔一つせず口癖の「好きでやってますから」と引き受けていた。祐太は8歳のときに父・下井草健太(伊原)は金を盗んだ挙句に「倅を4649」とソースで書き残して蒸発。以来、店主夫婦に「なんとな〜く」で可愛がられた事で、祐太はその恩返しとばかりに一生懸命働き、次第にわが子同然に育てられ今は故人となった店主から40年間継ぎ足してきた秘伝のソースを受け継ぐ立派な後継者となっていたのである。商店街の人たちからも「なんとな〜く」で可愛がられた事を頼み事を全て引き受ける事で恩返しし続けた結果、誰からも愛される存在となった。

ある日、10数年前に成人してあっさり出て行った初代店主夫婦の一人娘、徹子(竹内)がひょっこりと帰ってきた。
出典:https://ja.wikipedia.org

ゴールデンスランバー

『ゴールデンスランバー』(A MEMORY)は、伊坂幸太郎による日本の小説、同小説を原作とする日本映画。

竹内結子さんは、樋口晴子役

主な出演者
青柳雅春 – 堺雅人
樋口晴子 – 竹内結子
森田森吾 – 吉岡秀隆
小野一夫 – 劇団ひとり
キルオ – 濱田岳
岩崎英二郎 – 渋川清彦
保土ヶ谷康志 – 柄本明
轟静夫 – ベンガル
樋口伸幸 – 大森南朋…晴子の夫
凛香 – 貫地谷しほり
井ノ原小梅 – 相武紗季
小鳩沢 – 永島敏行
近藤守 – 石丸謙二郎…刑事
佐々木一太郎 – 香川照之
児島安雄 – でんでん…巡査
青柳雅春(整形後) – 滝藤賢一
あらすじ

首相公選制が存在する現代。仙台市では金田首相の凱旋パレードが盛大に行われていた。

元宅配業の青柳雅春は数年前に暴漢に襲われていたアイドル・凛香を仕事中偶然にも助けたことで一躍時の人となり、地元では顔を知らない人がいない有名人。

そんな青柳は数年ぶりに大学時代の親友・森田森吾に呼び出される。森田の様子がおかしいことを訝しむ青柳に、森田は「お前、オズワルドにされるぞ」と告げる・・・
出典:https://ja.wikipedia.org

僕と妻の1778の物語

『僕と妻の1778の物語』は、2011年1月15日に公開された日本映画。

竹内結子さんは、主人公をの妻牧村節子役

主な出演者
牧村朔太郎 – 草彅剛
牧村節子 – 竹内結子
滝沢蓮 – 谷原章介
滝沢美奈 – 吉瀬美智子
新聞の集金人 – 小日向文世
松下照夫 – 大杉漣
片岡晴子 – 風吹ジュン

あらすじ

SF作家・牧村朔太郎は大好きなSFの執筆に空想を膨らませ、妻・節子と仲睦まじく過ごしていた。ある日、節子は腹痛に襲われ妊娠かと思われたが、朔太郎は実際は大腸癌に侵され余命1年であることを告げられる。妻の力になろうとするが空回りしてしまう朔太郎。しかし朔太郎は「笑うと免疫力が上がることがある」という医師の言葉から、毎日1編ずつ妻のために短編小説を書くことを決意する。
出典:http://ja.wikipedia.org

ステキな金縛り

『ステキな金縛り』は、2011年10月29日に全国で公開された日本映画。三谷幸喜監督による、落武者幽霊と三流弁護士による法廷サスペンスコメディ・エンタテインメント・ムービー。主演は深津絵里、西田敏行。

竹内結子さんは、矢部鈴子〔美術品バイヤー、風子の妹〕役

主な出演者
・深津絵里
・西田敏行
・竹内結子
・草彅剛
・浅野忠信
・阿部寛
・中井貴一

あらすじ

妻殺しの容疑で逮捕された矢部五郎の弁護を担当する宝生エミは、将来性ゼロの三流弁護士。殺人現場の証拠は矢部が犯人であることを示唆しており、勝てる見込みのない裁判だった。矢部はエミに「証拠は私を犯人に仕立てるためのトリックで、その日は旅館で一晩中金縛りにあっていた。落ち武者が私の上にまたがっていて動けなかった」とアリバイを証言し無罪を主張する・・・
出典:“https://ja.wikipedia.org

ストロベリーナイト

『ストロベリーナイト』は2013年1月26日に公開された日本映画。誉田哲也の警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作とするフジテレビの刑事ドラマ『ストロベリーナイト』の劇場版作品。監督は佐藤祐市、竹内結子主演。

竹内結子さんは、姫川玲子役

主な出演者
・竹内結子
・西島秀俊
・大沢たかお
・小出恵介
・宇梶剛士
・丸山隆平
・津川雅彦
・渡辺いっけい
・遠藤憲一
・高嶋政宏
・生瀬勝久
・武田鉄矢
・染谷将太
・金子賢
・三浦友和

あらすじ

ある雨の夜、暴力団・龍崎組の下部構成員・小林充の刺殺体が発見される。遺体の状況は別の2つの暴力団員殺しと共通性があり、捜査一課では連続殺人として組対四課と合同の大掛かりな捜査会議が行われる。しかし、単純な暴力団内の抗争と見る組対とそれに疑問を持つ姫川・日下率いる捜一は対立し、別々に捜査を進めることになる・・・
出典:https://ja.wikipedia.org

虹の岬の喫茶店

『虹の岬の喫茶店』は、森沢明夫による日本の小説。2012年にラジオドラマ化、2014年に『ふしぎな岬の物語』のタイトルで映画化された。

竹内結子さんは、竜崎みどり役。

主な出演者
・吉永小百合
・阿部寛
・竹内結子
・笑福亭鶴瓶

あらすじ

虹の絵が飾ってある「岬カフェ」に父娘がやってきて、娘が「虹をのぼって行けばママに会えるのかな」という。店主の悦子は娘をハグして「大丈夫」といえば暖かくなってくると教える。男は陶芸家でカップを置いていく。「おいしくなれ」と魔法をかけるコーヒーが評判で常連が多い。45歳になる甥の浩司は花畑での結婚式を台無しにしたり、掘建て小屋に住んでいる変人。
出典:https://ja.wikipedia.org

殿、利息でござる!

『殿、利息でござる!』は、2016年5月14日に公開された日本映画。原作は磯田道史の評伝「穀田屋十三郎」(『無私の日本人』所収)で、18世紀に仙台藩の吉岡宿で宿場町の窮状を救った町人達の記録『国恩記』(栄洲瑞芝著)を元にしている。

竹内結子さんは、とき役

主な出演者
・阿部サダヲ
・瑛太
・妻夫木聡
・竹内結子
・千葉雄大
・羽生結弦
・松田龍平
・草笛光子
・山崎努

あらすじ

1766年(明和3年)の仙台藩領内の宿場町・吉岡宿。仙台藩の宿場町には宿場町間の物資の輸送を行う「伝馬役」が課せられており、通常は藩より宿場町に助成金が支給されているのだが、吉岡宿は藩の直轄領ではないため助成金が支給されていなかった。このため、伝馬役にかかる費用は全て吉岡宿の住人が負担して町は困窮し、破産者夜逃げ者が相次ぐ有様であった。このような町の有様を案じていた造り酒屋の当主・穀田屋十三郎は、町の窮状を訴えるため、代官に訴状を渡そうとするが、京から帰ってきたばかりの茶師・菅原屋篤平治に命が危険であると止められる・・・
出典:https://ja.wikipedia.org

コンフィデンスマンJP ロマンス編

香港マフィアの女帝が持つと言われる伝説のパープルダイヤを手に入れようとするメンバーたちと、彼らと因縁深きキャラクターたちが大騒動を巻き起こす。

竹内結子さんは、ラン・リウ役

主な出演者
・長澤まさみ
・東出昌大
・小手伸也
・小日向文世
・竹内結子
・三浦春馬
・山口紗弥加
・小栗旬
・織田梨沙
・江口洋介

あらすじ

ラン(竹内結子)はダー子達が撒いた餌に一向に食いつこうとしなかった。
同じく天才恋愛詐欺師のジェシー(三浦春馬)もランをもう一歩のところで落とせないでいた。
そんな中、ジェシーがダー子に「昔のようにもう一度組まないか?」と言ってきた。
ダー子はジェシーを心のどこかで思い続けていたため悩む。。。
ジェシーの情報からランにも忘れられない人物がいることが分かった。
ランは12歳の時に一目惚れした初恋の相手を一途に思い続けていたのだ。
出典:https://iroirokansou.net

コンフィデンスマンJP プリンセス編

2018年に放映されたドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版シリーズ第2弾。

竹内結子さんは、スタア役

主な出演者
・長澤まさみ
・東出昌大
・小手伸也
・小日向文世
・白濱亜嵐
・関水渚
・古川雄大
・ビビアン・スー
・滝藤賢一
・濱田岳
・濱田マリ
・デヴィ・スカルノ
・竹内結子
・三浦春馬
・広末涼子
・江口洋介
・織田梨沙
・石黒賢
・前田敦子
・生瀬勝久
・柴田恭兵
・北大路欣也

あらすじ

世界屈指の大富豪として知られるレイモンド・フウ(北大路欣也)が逝去し、彼の子供たちのブリジット(ビビアン・スー)、クリストファー(古川雄大)、アンドリュー(白濱亜嵐)が遺産をめぐってにらみ合うが、相続人として発表されたのは所在のわからない隠し子のミシェル・フウだった。すると、10兆円とされるばく大な遺産を狙うため、世界各国から詐欺師たちが集まりミシェルを装う事態になり、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)もフウ家に潜り込む。
出典:https://movies.yahoo.co.jp

DVDはまだ発売されていません。

まとめ

竹内結子さんは数多くの映画に出演されています。

それもほとんどが主演や主要な役を演じています。

改めて、人気の女優さん度言うことが分かりました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント