宇宙でいちばんあかるい屋根の映画キャストとあらすじ ネタバレ注意

宇宙でいちばんあかるい屋根の映画キャストとあらすじ ネタバレ注意 話題

映画、「宇宙でいちばんあかるい屋根」は、野中ともそさん原作。

主人公14歳の女の子つばめを演じるのは清原果耶さん。

清原果耶さんといえば、あさドラ「なつぞら」では、ヒロイン広瀬すずちゃんの妹を演じたことでも話題になりました。

10代でお母さん役を演じていて、当時清原果耶さんの年齢を知らなくて後で知って、驚いたほどdす。

その演技派の清原果耶さんの初主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」が楽しみです。

それでは、「宇宙でいちばんあかるい屋根」の内容に迫っていきます。

スポンサーリンク

宇宙でいちばんあかるい屋根のキャスト&スタッフ

宇宙でいちばんあかるい屋根のキャスト

  • 清原果耶:大石つばめ
  • 桃井かおり:星ばあ(ほしのとよ)
  • 伊藤健太郎:浅倉 亨
  • 吉岡秀隆:大石敏雄
  • 坂井真紀:大石麻子
  • 水野美紀:山上ひばり
  • 山中 崇:牛山武彦
  • 醍醐虎汰朗:笹川 誠

宇宙でいちばんあかるい屋根のスタッフ

  • 脚本・監督:藤井道人
  • 音楽:大間々 昂
  • 撮影:上野千蔵
  • 照明:西田まさちお
  • 録音:岡本立洋

藤井道人監督といえば、『新聞記者』で日本アカデミー賞で最優秀賞 3部門含む、6部門受賞をはじめ、映画賞を多数受賞しました。

宇宙でいちばんあかるい屋根の簡単なあらすじ&ネタバレ

お隣の大学生・亨(伊藤健太郎)に恋する 14 歳の少女・つばめ(清原果耶)。

優しく支えてくれる父 (吉岡秀隆) と、明るく包み込んでくれる育ての母 (坂井真紀)。もうすぐ 2 人の間に赤ちゃんが生まれるのだ。幸せそうな両親の姿はつばめの心をチクチクと刺していた。

しかも、学校は元カレの笹川(醍醐虎汰 朗)との悪い噂でもちきりで、なんだか居心地が悪い。つばめは書道教室の屋上でひとり過ごす時間が好きだった。ところがある夜、唯一の憩いの場に闖入者が―。

空を見上げたつばめの目に飛び込んできたのは、星空を舞う老婆の姿!?派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)はキックボードを乗り回しながら、「年くったら なんだってできるようになるんだ―」とはしゃいでいる。

最初は自由気ままな星ばあが苦手だったのに、つばめはいつしか悩みを打ち明けるようになっていた。

引用:https://screenonline.jp/_ct/17379912

宇宙でいちばんあかるい屋根の映画主題歌

宇宙でいちばんあかるい屋根の主題歌は、主演の清原果耶さんが歌っています。

主題歌 清原果耶 今とあの頃の僕ら
作詞・作曲・プロデュース:Cocco

2020.9.2 Release 1st Single

ゆったりとして聞き入ってしまいました。

宇宙でいちばんあかるい屋根の星ばあ語録

  • 年食ったらな、なんだってできるようになるんだよ。
  • あのな男っていうのは、前へ前へと生きていく生き物なんだよ!
  • 時間っていうのはもっと気持ちよく使え!
  • 後悔っていうのは、行動してからしろ!
  • お前もしぶとく生きろ!

年をとってからわかることってありますよね。

含蓄のあるお言葉です。

宇宙でいちばんあかるい屋根の原作本

宇宙でいちばんあかるい屋根の原作は、野中ともそ先生の小説。

公式サイトを見ても、野中ともそ先生の性別がわかりませんでした。

一つわかったことは、「ともそ」というのはペンネームで、出版社勤務時代にふざけてつけられたあだ名を、そのまま使用したものということでした。

まとめ

映画、宇宙でいちばんあかるい屋根の原作は、野中ともそ先生の小説。

主演は、清原果耶さん。初主演です。

主人公つばめと星ばあの交流がこころあたたまる。

星ばあ語録は参考になることが多い。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました