iPhone既定のブラウザをSafariからGoogle Chromeに変更する方法

生活

iPhoneをことしになってから使い始めました。

アンドロイドと比べると違いは色々ありiPhoneになれてきましたが、ブラウザだけはGoogle Chromeから離れたくありませんでした。

ブックマークや諸々が便利でGoogle Chromeは使い続けたいという方が私だけではないはず!

iPhoneの既定のブラウザを使い慣れたGoogle Chromeに変更する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Google Chromeをデフォルト設定する準備

iPhoneやiPadのデフォルトのブラウザをSafari以外にするには、IOSを14以上にする必要があります。

ほぼIOS14以上になっているかとは思いますが、大切なことなのでまず確認してください。

ISOが14以上になっているかの確認方法

設定 → 一般 → 情報 → システムバージョンが、14以上ならOK!

もし、14以上になっていない場合は、アップデートしてください。

アップデートの方法

設定 → 一般 → ソフトウェアアップデート

ここから進めてください。

これが完了すると、準備オッケーです。

Google Chromeのアプリをダウンロード

アップルストアで、「くろーむ」などと検索すると出てきます。

それを、iPhoneやiPadにインストールします。

すでに入っているなら、この作業は必要ありません。

既定(デフォルト)のブラウザをGoogle Chromeに変更する方法

Chromeを選択

Chromeを選択します。

デフォルトのブラウザAPP

「デフォルトのブラウザAPP」をタップします。

Chromeにチェックをつけます

Chromeをタップしてチェックをつけます。

これで完成!

Safariの方からはできないです。

試してみました。

もとに戻すときも、Chromeを開いてSafariにチェックをつけます。

ちょっとわかりにくいですね。

IOSが進化していけばどうなるかわかりませんが、現状ISOのバージョンが14.1の時点ではこのようにしか変更できません。

まとめ

iPhoneやiPadのデフォルトブラウザをChromeにするには、IOSを14以上にしなければできない。

Chromeのアプリが入っていなければ入れて、設定から変更する。

Safariに戻すときは、設定を開きChromeからSafariにチェックをつける。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント