スポンサーリンク

桑田ミサオさんの笹餅は通販で買えるの?93歳現役で作り続けるスーパーウーマン!

人物

青森に住む桑田ミサオさんは、笹餅を製造販売しており、驚くことに現在93歳で全ての工程を一人で手作りしている。

また、その味は評判で、たびたびテレビやメディアに取り上げられている。

この桑田さんにも興味があるか食いしん坊の私は、この方が作る笹餅のにも非常に興味があります。

スポンサーリンク

桑田ミサオさんの笹餅通販はあるの?

美味しいものに目がない私は、桑田さんの話を聞いて一番気になったのが、この笹餅を食べてみたいということでした 。

通販で取り寄せようと思って調べてみると悲しいことがわかりました。通販では買えないようです。

しかし、買う方法が全くないわけではありません。

桑田ミサオさんの笹餅を販売しているスーパー情報

桑田さんの笹餅を販売しているスーパーがあります。

そのスーパーまで足を運ぶと買うことができるようです。 入荷する曜日が決まっていて、現時点では毎週火曜日と土曜日の二日間です。

朝一でスーパーに行かないと、数量限定のためすぐ売り切れてしまうそうです。朝一でスーパーに行けない人のために、予約販売も実施しています。予約販売は数量限定で一人5個までとなっています。

こちらのスーパーです。
株式会社 スーパーストア

桑田さんの笹餅は独特な製法だった

桑田さんの作る笹餅は普通のモチのように皮の中に餡が入っているお餅ではありません。

作り方を簡単に言うと、粉に挽いたもち米と大豆の餡を混ぜて蒸しあげます。それを熱いうちに丸めて笹の葉で包みそれをもう一度蒸して完成となります。

これが津軽ならではの味だそうです。一度も食べたことがないので、甘いもの好きの私としては、是非食べてみたいです。

桑田ミサオさんが75歳で起業した理由

桑田さんが60歳の頃から、農協の婦人部のほうに無人販売をするから協力してほしいと言われてお餅や赤飯を作ったのが、この活動の始まりです。

その中で保存料・添加物一切なしで作る笹餅が評判になり、スーパーストアさんがお店で売りたいので納品してもらえないかという依頼が来ました。

本格的に商売を始めるなら衛生上のことや、作業場と倉庫を作ったり井戸掘り製粉機も備えました。その上できちんと届けでも出して設備を整えました。

桑田ミサオさんが笹餅を作り続ける理由

仕事を辞めるとボケてしまうよという人がいて、それはそうかと思い働き続けることにしています。

それに人に喜んでもらうのは嬉しいのでやめる気はしませんとのことです。

桑田ミサオさんの家族はいるの?結婚している?

桑田さんは結婚されており、ご主人が戦争に行かれマラリアにかかって帰られました。そのため体力を奪われ、体力の使う仕事は難しかったです。そこで屋根に張る柾を割る仕事をしていました。

桑田さん自身も幼い頃から体は強い方ではなく、お腹が痛くなったりして一週間ほど学校を休んでしまうこともよくあったそうです。

19歳で結婚され、24歳で長男を出産された時は、助膜炎にかかってしまい助からないと言われていました。

薬が高くて、治療もできなかったとか。

そこでそれから2~3年は仕事は何もできなかったそうです。

今では、考えられないようなご苦労をされていますね。

ご主人は先立たれ、お孫さんなどと仲良くされているご様子です。

桑田ミサオさんの年収は?

桑田さんの年収は公表されていません。

過去のインタビュー記事などを読むと、笹餅を作るのはお金のためではなく人が喜んでくれるからやっているとおっしゃっています。

また、販売するだけではなく、作られたものをよく人に差し上げられているようです。

お話を伺う限り、 笹餅を作ることで人が喜んでくれて、それを聞いて桑田さんが喜ぶ と言うプラスのサイクルの中におられると感じました。

桑田さんの笹餅作りは、作成から餅を包む笹の葉を山に取りに行くのもすべて一人で行われており大量生産はできません。

買う側からすると、従業員を雇っていただいてたくさん作って通販をしてほしいという思いはあります。

売上をたくさん上げようという気持ちがあれば、とっくにそのようなことをやっているでしょう。

しかし桑田さんは、楽しみでやっているというふうにお見受けします。

桑田ミサオさんの本

桑田さんの本が発売されています。誰の真似をするでもなくご自身が工夫を重ねて前向きに生きることができるヒントがたくさん詰まっている本です。

何かに悩んでいる時に読んでみるのもいいかもしれません。

まとめ

率直に言って桑田さんの笹餅を是非食べてみたいです。

それにしても、93歳という年齢で、しかもあの小さな体からどうしてこんなパワーが出てくるのか不思議でなりません。

年間5万個作るって、想像もできません。

まさしく人生の手本になるような方だと思います。

今回桑田さんのことを知れてとても良かったです。

タイトルとURLをコピーしました